ユーザーの指示

ここでは、メンズおよびレディースの作業靴の詳細情報をご覧いただけます。

ザ GRAM RANGE

UL1P安全靴

この安全靴は個人用保護具に関する規則 (規則 2016/425) に準拠し、欧州規格 EN ISO 20345:2011 の要件を満たしています。 CTC France (Notified Body 0075)、4 rue Hermann Frenkel – 69367 Lyon cedex 07 – France によって認証されています。

安全靴は、性能と品質に関して EN ISO 20345:2011 の関連セクションに準拠した合成素材と天然素材の両方を使用して製造されています。

安全靴は、使用中に着用者が受ける可能性のある怪我のリスクを最小限に抑えるように設計されています。 安全な作業環境と組み合わせて使用​​するように設計されており、EN ISO 20345:2011 の試験制限を超える事故が発生した場合に傷害を完全に防ぐことはできません。 サイズ range 37-48です。

この履物は、潜在的な危険が発生する産業および商業環境で着用する際に、以下の保護に加え、該当する場合は追加の保護を行うことで、落下物や潰れによる怪我のリスクから着用者のつま先を保護します。

提供される衝撃保護は 200 ジュールです。
提供される圧縮保護は 15,000 ニュートンです。


追加の保護が提供される場合があり、製品に次のようなマークが付いていることによって識別されます。

P – 最大1100ニュートンの穿孔力に耐えるように設計されたスチールまたはファイバーのミッドソール
C 電気抵抗 100k 未満Ω
A 静電気の帯電(抵抗率)を逃がすように設計された素材と構造 range 0,1 ~ 1000 100MΩ)
E かかと部分のエネルギー吸収容量は 20 J 以上
HI 熱から遮断され、温度の上昇を遅らせるように設計された履物(22℃未満) ℃で)
CI 体温の低下を遅くするように設計された防寒靴(10℃未満) ℃で)
FO 燃料に対する耐性
WRU 耐水性のアッパー
HRO 耐熱ソール(1℃で接触時間最大300分) ℃で)

対象となるリスクは、靴にマークされた記号で指定されているリスクのみです。 シンボルは保護に固有です。 後で追加すると、製品の特性が変更される可能性があります。

着用のために選択された履物は、必要な保護と着用環境に適していることが重要です。 着用環境が不明な場合は、販売者と購入者の間で相談を行って、可能な限り正しい履物が提供されるようにすることが非常に重要です。

履物を最高の状態で保ち、履き心地を良くするには、靴を定期的に洗浄し、専用の優れた洗浄製品で処理することが重要です。 腐食性洗浄剤は使用しないでください。 履物が濡れた状態にさらされる場合、使用後は涼しく乾燥した場所で自然乾燥させてください。アッパー素材の劣化を引き起こす可能性があるため、強制乾燥させないでください。 通常の条件 (温度および相対湿度) で保管した場合、履物の耐用年数は通常約 2 年です。 


この履物は EN ISO 20345:2011 の耐滑性テストに合格しており、次のマーキング記号が適用されます。


製品の滑り止めマーキング マーキングコード
ラウリル硫酸ナトリウムを使用したセラミックタイル SRA

*注意: 特定の環境では依然として滑りが発生する可能性があります


履物が適切な作業環境で手入れおよび着用され、乾燥した換気条件で保管されていれば、アウトソール、アッパー、アッパーのステッチが早期に破損することなく、良好な耐用年数が得られます。 履物の実際の耐用年数は、履物の種類、製品の磨耗、汚染、劣化に影響を与える環境条件によって異なります。


履物上のマークは、その履物が PPE 規制に従って認可されていることを示し、次のとおりです。


UL1P 記事番号
トレンディなヨーロッパ A/S メーカー名
Kongevejen 155
DK-2830 ウイルス、デンマーク
メーカーの住所
CE CEマーク
EN ISO 20345:2011 欧州規格の数
SB 保護のカテゴリー
P 浸透抵抗
E シート領域のエネルギー吸収
SRA 滑り止めの種類

安全靴のカテゴリー:

SB – 最大 200 J の衝撃力に耐えるように設計されたつま先キャップ付きのプロフェッショナル用安全靴
S1 – クローズドバック部、帯電防止性、衝撃吸収ヒール、耐燃料性
S2 – S1 + 耐水性(浸透および吸収)として
S3 – as S2 + 鋭利な物体からの貫通に対する抵抗。 クリートソール

履物が損傷すると、指定されたレベルの保護が継続できなくなるため、着用者が最大限の保護を受け続けるためには、履物を直ちに交換する必要があります。

販売時点で履物に付属する梱包は、履物が発送時と同じ状態で顧客に確実に届けられるようにするためのものです。 カートンは、履かないときの靴の保管にも使用できます。 箱入りの履物を保管する場合、その上に重い物を置かないでください。梱包が破損し、履物が損傷する可能性があります。

フットウェアには取り外し可能なインソックスが付属しています。 テストはインソックスを装着した状態で行われたことに注意してください。 履物は中敷きを装着した状態でのみ使用してください。 インソックは、元の靴メーカーが提供する同等のインソックとのみ交換するものとします。


浸透抵抗
この履物には、非金属耐貫通性インサートが使用されています。

この履物の耐貫通性は、実験室で、直径4,5 mmの切断された釘と1100 Nの力を使用して測定されました。高い力またはより小さい直径の釘は、貫通が発生するリスクを高めます。 このような状況では、代替の予防策を検討する必要があります。

現在、PPE フットウェアでは XNUMX つの一般的なタイプの耐貫通性インサートが利用可能です。 これらは金属タイプと非金属材料のタイプです。 どちらのタイプも、この履物にマークされている規格の耐貫通性の最小要件を満たしていますが、それぞれに次のような異なる追加の利点または欠点があります。

金属: 鋭利な物体/危険物の形状 (つまり、直径、形状、鋭さ) による影響は少ないですが、靴製造の制限により、靴の下部領域全体をカバーすることはできません。

非金属: 金属と比較すると、より軽く、より柔軟で、より広いカバーエリアを提供しますが、貫通抵抗は鋭利な物体/危険物の形状 (つまり、直径、形状、鋭さ) に応じてさらに変化する可能性があります。

履物に提供されている耐貫通性インサートの種類の詳細については、これらの手順で詳しく説明されているメーカーまたはサプライヤーにお問い合わせください。


静電気防止靴

新しく購入した安全靴は帯電防止加工が施されています。 以下に簡単に説明します。 帯電防止靴を使用して静電気の帯電を最小限に抑え、可燃性物質や蒸気などの火花点火の危険を回避する必要があります。 また、電気機器や通電部分による感電の危険性が完全に排除されていない場合も同様です。 静電気防止靴は足と床の間に抵抗が生じるだけなので、感電に対する適切な保護を保証できないことに注意してください。 感電の危険性が完全に排除されていない場合は、危険性を回避するための追加の措置が不可欠です。 このような対策と、以下に述べる追加のテストは、事故防止プロの日常的な一部分であるべきです。gram職場の私。 経験によれば、静電気防止の目的のために、製品を通る放電経路の電気抵抗は通常 1000M 未満である必要があります。Ω耐用年数を通じていつでも。 値 100 KΩを保証するために、新品時の製品の抵抗の下限として指定されています。 limited 最大 250V の電圧で動作しているときに電気機器が故障した場合に、危険な感電または発火から保護します。 ただし、特定の条件下では、使用者は履物の保護が不十分になる可能性があることに注意する必要があり、着用者を保護するための追加の措置を常に講じる必要があります。 このタイプの履物の電気抵抗は、屈曲、汚染、または湿気によって大幅に変化する可能性があります。 濡れた状態で履いた場合、この靴は本来の機能を発揮しません。 したがって、製品が設計された機能を果たし、静電荷を放散し、製品寿命全体にわたって何らかの保護を提供できることを確認する必要があります。 ユーザーは、電気抵抗の社内テストを確立し、定期的かつ頻繁に使用することをお勧めします。 湿った状態で履物を着用し、底材が汚染される場合、着用者は危険区域に入る前に必ず履物の電気的特性を確認する必要があります。 帯電防止履物を使用する場合、床面の抵抗は、履物による保護が無効にならないようにする必要があります。 使用中は、通常のホースを除いて、履物のインナーソールと着用者の足の間に断熱要素を挿入しないでください。 インナーソールと足の間にインサートを入れる場合は、フットウェアとインサートの組み合わせの電気的特性をチェックする必要があります。 


摩耗寿命

靴の寿命は無限ではありません。 製品の正確な耐用年数は、どこでどのように着用され、お手入れされるかによって大きく異なります。 したがって、使用前に靴を注意深く検査し、着用に適さないと思われる場合はすぐに交換することが非常に重要です。 アッパーのステッチの状態、アウトソールのトレッドパターンの磨耗、アッパーとアウトソールの接着状態には細心の注意を払う必要があります。 特に靴がひどく損傷したり磨耗したりした場合は、適時に靴を交換してください。 長年にわたって、素材の品質は微生物、湿気、温度などの要素によって悪影響を受ける可能性があります。 未使用の靴も同様です。 


クリーニング

目的に応じて推奨される高品質の洗浄処理を使用して、靴を定期的に洗浄してください。 腐食性洗剤や腐食性洗剤は絶対に使用しないでください。


詳細については、お問い合わせください。

Airtox Industries A/S
Kongevejen 155、DK-2830 ウイルス、デンマーク
電話: +45 71994040

UL1安全靴

この安全靴は個人用保護具に関する規則 (規則 2016/425) に準拠し、欧州規格 EN ISO 20345:2011 の要件を満たしています。 CTC France (Notified Body 0075)、4 rue Hermann Frenkel – 69367 Lyon cedex 07 – France によって認証されています。

安全靴は、性能と品質に関して EN ISO 20345:2011 の関連セクションに準拠した合成素材と天然素材の両方を使用して製造されています。

安全靴は、使用中に着用者が受ける可能性のある怪我のリスクを最小限に抑えるように設計されています。 安全な作業環境と組み合わせて使用​​するように設計されており、EN ISO 20345:2011 の試験制限を超える事故が発生した場合に傷害を完全に防ぐことはできません。 サイズ range 37-48です。

この履物は、潜在的な危険が発生する産業および商業環境で着用する際に、以下の保護に加え、該当する場合は追加の保護を行うことで、落下物や潰れによる怪我のリスクから着用者のつま先を保護します。

提供される衝撃保護は 200 ジュールです。
提供される圧縮保護は 15,000 ニュートンです。


追加の保護が提供される場合があり、製品に次のようなマークが付いていることによって識別されます。

P – 最大1100ニュートンの穿孔力に耐えるように設計されたスチールまたはファイバーのミッドソール
C 電気抵抗 100k 未満Ω
A 静電気の帯電(抵抗率)を逃がすように設計された素材と構造 range 0,1 ~ 1000 100MΩ)
E かかと部分のエネルギー吸収容量は 20 J 以上
HI 熱から遮断され、温度の上昇を遅らせるように設計された履物(22℃未満) ℃で)
CI 体温の低下を遅くするように設計された防寒靴(10℃未満) ℃で)
FO 燃料に対する耐性
WRU 耐水性のアッパー
HRO 耐熱ソール(1℃で接触時間最大300分) ℃で)

対象となるリスクは、靴にマークされた記号で指定されているリスクのみです。 シンボルは保護に固有です。 後で追加すると、製品の特性が変更される可能性があります。

着用のために選択された履物は、必要な保護と着用環境に適していることが重要です。 着用環境が不明な場合は、販売者と購入者の間で相談を行って、可能な限り正しい履物が提供されるようにすることが非常に重要です。

履物を最高の状態で保ち、履き心地を良くするには、靴を定期的に洗浄し、専用の優れた洗浄製品で処理することが重要です。 腐食性洗浄剤は使用しないでください。 履物が濡れた状態にさらされる場合、使用後は涼しく乾燥した場所で自然乾燥させてください。アッパー素材の劣化を引き起こす可能性があるため、強制乾燥させないでください。 通常の条件 (温度および相対湿度) で保管した場合、履物の耐用年数は通常約 2 年です。 


この履物は EN ISO 20345:2011 の耐滑性テストに合格しており、次のマーキング記号が適用されます。


製品の滑り止めマーキング マーキングコード
ラウリル硫酸ナトリウムを使用したセラミックタイル SRA

*注意: 特定の環境では依然として滑りが発生する可能性があります


履物が適切な作業環境で手入れおよび着用され、乾燥した換気条件で保管されていれば、アウトソール、アッパー、アッパーのステッチが早期に破損することなく、良好な耐用年数が得られます。 履物の実際の耐用年数は、履物の種類、製品の磨耗、汚染、劣化に影響を与える環境条件によって異なります。


履物上のマークは、その履物が PPE 規制に従って認可されていることを示し、次のとおりです。


UL1 記事番号
トレンディなヨーロッパ A/S メーカー名
Kongevejen 155
DK-2830 ウイルス、デンマーク
メーカーの住所
CE CEマーク
EN ISO 20345:2011 欧州規格の数
SB 保護のカテゴリー
E シート領域のエネルギー吸収
SRA 滑り止めの種類

安全靴のカテゴリー:

SB – 最大 200 J の衝撃力に耐えるように設計されたつま先キャップ付きのプロフェッショナル用安全靴
S1 – クローズドバック部、帯電防止性、衝撃吸収ヒール、耐燃料性
S2 – S1 + 耐水性(浸透および吸収)として
S3 – as S2 + 鋭利な物体からの貫通に対する抵抗。 クリートソール

履物が損傷すると、指定されたレベルの保護が継続できなくなるため、着用者が最大限の保護を受け続けるためには、履物を直ちに交換する必要があります。

販売時点で履物に付属する梱包は、履物が発送時と同じ状態で顧客に確実に届けられるようにするためのものです。 カートンは、履かないときの靴の保管にも使用できます。 箱入りの履物を保管する場合、その上に重い物を置かないでください。梱包が破損し、履物が損傷する可能性があります。

フットウェアには取り外し可能なインソックスが付属しています。 テストはインソックスを装着した状態で行われたことに注意してください。 履物は中敷きを装着した状態でのみ使用してください。 インソックは、元の靴メーカーが提供する同等のインソックとのみ交換するものとします。


静電気防止靴

新しく購入した安全靴は帯電防止加工が施されています。 以下に簡単に説明します。 帯電防止靴を使用して静電気の帯電を最小限に抑え、可燃性物質や蒸気などの火花点火の危険を回避する必要があります。 また、電気機器や通電部分による感電の危険性が完全に排除されていない場合も同様です。 静電気防止靴は足と床の間に抵抗が生じるだけなので、感電に対する適切な保護を保証できないことに注意してください。 感電の危険性が完全に排除されていない場合は、危険性を回避するための追加の措置が不可欠です。 このような対策と、以下に述べる追加のテストは、事故防止プロの日常的な一部分であるべきです。gram職場の私。 経験によれば、静電気防止の目的のために、製品を通る放電経路の電気抵抗は通常 1000M 未満である必要があります。Ω耐用年数を通じていつでも。 値 100 KΩを保証するために、新品時の製品の抵抗の下限として指定されています。 limited 最大 250V の電圧で動作しているときに電気機器が故障した場合に、危険な感電または発火から保護します。 ただし、特定の条件下では、使用者は履物の保護が不十分になる可能性があることに注意する必要があり、着用者を保護するための追加の措置を常に講じる必要があります。 このタイプの履物の電気抵抗は、屈曲、汚染、または湿気によって大幅に変化する可能性があります。 濡れた状態で履いた場合、この靴は本来の機能を発揮しません。 したがって、製品が設計された機能を果たし、静電荷を放散し、製品寿命全体にわたって何らかの保護を提供できることを確認する必要があります。 ユーザーは、電気抵抗の社内テストを確立し、定期的かつ頻繁に使用することをお勧めします。 湿った状態で履物を着用し、底材が汚染される場合、着用者は危険区域に入る前に必ず履物の電気的特性を確認する必要があります。 帯電防止履物を使用する場合、床面の抵抗は、履物による保護が無効にならないようにする必要があります。 使用中は、通常のホースを除いて、履物のインナーソールと着用者の足の間に断熱要素を挿入しないでください。 インナーソールと足の間にインサートを入れる場合は、フットウェアとインサートの組み合わせの電気的特性をチェックする必要があります。 


摩耗寿命

靴の寿命は無限ではありません。 製品の正確な耐用年数は、どこでどのように着用され、お手入れされるかによって大きく異なります。 したがって、使用前に靴を注意深く検査し、着用に適さないと思われる場合はすぐに交換することが非常に重要です。 アッパーのステッチの状態、アウトソールのトレッドパターンの磨耗、アッパーとアウトソールの接着状態には細心の注意を払う必要があります。 特に靴がひどく損傷したり磨耗したりした場合は、適時に靴を交換してください。 長年にわたって、素材の品質は微生物、湿気、温度などの要素によって悪影響を受ける可能性があります。 未使用の靴も同様です。 


クリーニング

目的に応じて推奨される高品質の洗浄処理を使用して、靴を定期的に洗浄してください。 腐食性洗剤や腐食性洗剤は絶対に使用しないでください。


詳細については、お問い合わせください。

Airtox Industries A/S
Kongevejen 155、DK-2830 ウイルス、デンマーク
電話: +45 71994040

ザ FORMULA RANGE

FM1安全靴

この安全靴は個人用保護具に関する規則 (規則 2016/425) に準拠し、欧州規格 EN ISO 20345:2011 の要件を満たしています。 これは、SGS FIMKO Ltd Finland (Notified Body 0098), PO Box 30 (Särkiniementie 3), 00211 Helsinki, Finland によって認証されています。

安全靴は、使用中に着用者が受ける可能性のある怪我のリスクを最小限に抑えるように設計されています。 安全な作業環境と組み合わせて使用​​するように設計されており、EN ISO 20345:2011 の試験制限を超える事故が発生した場合に傷害を完全に防ぐことはできません。 サイズ range 39-47です。

この履物は、潜在的な危険が発生する産業および商業環境で着用する際に、以下の保護に加え、該当する場合は追加の保護を行うことで、落下物や潰れによる怪我のリスクから着用者のつま先を保護します。

提供される衝撃保護は 200 ジュールです。
提供される圧縮保護は 15,000 ニュートンです。


追加の保護が提供される場合があり、製品に次のようなマークが付いていることによって識別されます。

P – 最大1100ニュートンの穿孔力に耐えるように設計されたスチールまたはファイバーのミッドソール
C 電気抵抗 100k 未満Ω
A 静電気の帯電(抵抗率)を逃がすように設計された素材と構造 range 0,1 ~ 1000 100MΩ)
E かかと部分のエネルギー吸収容量は 20 J 以上
HI 熱から遮断され、温度の上昇を遅らせるように設計された履物(22℃未満) ℃で)
CI 体温の低下を遅くするように設計された防寒靴(10℃未満) ℃で)
FO 燃料に対する耐性
WRU 耐水性のアッパー
HRO 耐熱ソール(1℃で接触時間最大300分) ℃で)

対象となるリスクは、靴にマークされた記号で指定されているリスクのみです。 シンボルは保護に固有です。 後で追加すると、製品の特性が変更される可能性があります。

着用のために選択された履物は、必要な保護と着用環境に適していることが重要です。 着用環境が不明な場合は、販売者と購入者の間で相談を行って、可能な限り正しい履物が提供されるようにすることが非常に重要です。

履物を最高の状態で保ち、履き心地を良くするには、靴を定期的に洗浄し、専用の優れた洗浄製品で処理することが重要です。 腐食性洗浄剤は使用しないでください。 履物が濡れた状態にさらされる場合、使用後は涼しく乾燥した場所で自然乾燥させてください。アッパー素材の劣化を引き起こす可能性があるため、強制乾燥させないでください。 通常の条件 (温度および相対湿度) で保管した場合、履物の耐用年数は通常約 2 年です。 


この履物は EN ISO 20345:2011 の耐滑性テストに合格しており、次のマーキング記号が適用されます。


製品の滑り止めマーキング マーキングコード
セラミックタイルとスチール床の両方で滑りにくい SRC

*注意: 特定の環境では依然として滑りが発生する可能性があります


履物が適切な作業環境で手入れおよび着用され、乾燥した換気条件で保管されていれば、アウトソール、アッパー、アッパーのステッチが早期に破損することなく、良好な耐用年数が得られます。 履物の実際の耐用年数は、履物の種類、製品の磨耗、汚染、劣化に影響を与える環境条件によって異なります。


履物上のマークは、その履物が PPE 規制に従って認可されていることを示し、次のとおりです。


FM1 記事番号
Airtox Industries A/S メーカー名
Kongevejen 155
DK-2830 ウイルス、デンマーク
メーカーの住所
CE CEマーク
EN ISO 20345:2011 欧州規格の数
S1 保護のカテゴリー
P 浸透抵抗
HRO 耐熱ソール
SRC 滑り止めの種類

安全靴のカテゴリー:

SB – 最大 200 J の衝撃力に耐えるように設計されたつま先キャップ付きのプロフェッショナル用安全靴
S1 – クローズドバック部、帯電防止性、衝撃吸収ヒール、耐燃料性
S2 – S1 + 耐水性(浸透および吸収)として
S3 – as S2 + 鋭利な物体からの貫通に対する抵抗。 クリートソール

履物が損傷すると、指定されたレベルの保護が継続できなくなるため、着用者が最大限の保護を受け続けるためには、履物を直ちに交換する必要があります。

販売時点で履物に付属する梱包は、履物が発送時と同じ状態で顧客に確実に届けられるようにするためのものです。 カートンは、履かないときの靴の保管にも使用できます。 箱入りの履物を保管する場合、その上に重い物を置かないでください。梱包が破損し、履物が損傷する可能性があります。

フットウェアには取り外し可能なインソックスが付属しています。 テストはインソックスを装着した状態で行われたことに注意してください。 履物は中敷きを装着した状態でのみ使用してください。 インソックは、元の靴メーカーが提供する同等のインソックとのみ交換するものとします。


浸透抵抗
この履物には、非金属耐貫通性インサートが使用されています。

この履物の耐貫通性は、実験室で、直径4,5 mmの切断された釘と1100 Nの力を使用して測定されました。高い力またはより小さい直径の釘は、貫通が発生するリスクを高めます。 このような状況では、代替の予防策を検討する必要があります。

現在、PPE フットウェアでは XNUMX つの一般的なタイプの耐貫通性インサートが利用可能です。 これらは金属タイプと非金属材料のタイプです。 どちらのタイプも、この履物にマークされている規格の耐貫通性の最小要件を満たしていますが、それぞれに次のような異なる追加の利点または欠点があります。

金属: 鋭利な物体/危険物の形状 (つまり、直径、形状、鋭さ) による影響は少ないですが、靴製造の制限により、靴の下部領域全体をカバーすることはできません。

非金属: 金属と比較すると、より軽く、より柔軟で、より広いカバーエリアを提供しますが、貫通抵抗は鋭利な物体/危険物の形状 (つまり、直径、形状、鋭さ) に応じてさらに変化する可能性があります。

履物に提供されている耐貫通性インサートの種類の詳細については、これらの手順で詳しく説明されているメーカーまたはサプライヤーにお問い合わせください。


静電気防止靴

新しく購入した安全靴は帯電防止加工が施されています。 以下に簡単に説明します。 帯電防止靴を使用して静電気の帯電を最小限に抑え、可燃性物質や蒸気などの火花点火の危険を回避する必要があります。 また、電気機器や通電部分による感電の危険性が完全に排除されていない場合も同様です。 静電気防止靴は足と床の間に抵抗が生じるだけなので、感電に対する適切な保護を保証できないことに注意してください。 感電の危険性が完全に排除されていない場合は、危険性を回避するための追加の措置が不可欠です。 このような対策と、以下に述べる追加のテストは、事故防止プロの日常的な一部分であるべきです。gram職場の私。 経験によれば、静電気防止の目的のために、製品を通る放電経路の電気抵抗は通常 1000M 未満である必要があります。Ω耐用年数を通じていつでも。 値 100 KΩを保証するために、新品時の製品の抵抗の下限として指定されています。 limited 最大 250V の電圧で動作しているときに電気機器が故障した場合に、危険な感電または発火から保護します。 ただし、特定の条件下では、使用者は履物の保護が不十分になる可能性があることに注意する必要があり、着用者を保護するための追加の措置を常に講じる必要があります。 このタイプの履物の電気抵抗は、屈曲、汚染、または湿気によって大幅に変化する可能性があります。 濡れた状態で履いた場合、この靴は本来の機能を発揮しません。 したがって、製品が設計された機能を果たし、静電荷を放散し、製品寿命全体にわたって何らかの保護を提供できることを確認する必要があります。 ユーザーは、電気抵抗の社内テストを確立し、定期的かつ頻繁に使用することをお勧めします。 湿った状態で履物を着用し、底材が汚染される場合、着用者は危険区域に入る前に必ず履物の電気的特性を確認する必要があります。 帯電防止履物を使用する場合、床面の抵抗は、履物による保護が無効にならないようにする必要があります。 使用中は、通常のホースを除いて、履物のインナーソールと着用者の足の間に断熱要素を挿入しないでください。 インナーソールと足の間にインサートを入れる場合は、フットウェアとインサートの組み合わせの電気的特性をチェックする必要があります。 


摩耗寿命

靴の寿命は無限ではありません。 製品の正確な耐用年数は、どこでどのように着用され、お手入れされるかによって大きく異なります。 したがって、使用前に靴を注意深く検査し、着用に適さないと思われる場合はすぐに交換することが非常に重要です。 アッパーのステッチの状態、アウトソールのトレッドパターンの磨耗、アッパーとアウトソールの接着状態には細心の注意を払う必要があります。 特に靴がひどく損傷したり磨耗したりした場合は、適時に靴を交換してください。 長年にわたって、素材の品質は微生物、湿気、温度などの要素によって悪影響を受ける可能性があります。 未使用の靴も同様です。 


クリーニング

目的に応じて推奨される高品質の洗浄処理を使用して、靴を定期的に洗浄してください。 腐食性洗剤や腐食性洗剤は絶対に使用しないでください。


詳細については、お問い合わせください。

Airtox Industries A/S
Kongevejen 155、DK-2830 ウイルス、デンマーク
電話: +45 71994040